概要


用途


記事


比較


エンプラ 結晶性
PA6 / PA66
化学式 化学式
比重

1.14 (PA66)

熱的性質

65

Tg(℃)

260

Tm(℃)

※PA66の場合

特徴

耐薬品性

強靭性

GF入り耐熱性

高吸水率

寸法安定性難

解説

アミド結合(-CONH-)の繰り返しによって構成される高分子化合物。
・PA6:カプロラクタムの開環重合法によって合成される
・PA66:ヘキサメチレンジアミン(HMDA)とアジピン酸(ADPA)の縮重合によって合成

ポイント
  • 靭性があり、ガラス繊維強化によって高い耐熱性を示す、比較してPA66の方が機械的強度が良好、PA6の方が成形性が良好
  • 水分率が上がることによって、寸法変化がおこり衝撃強度が向上(絶乾燥状態だと衝撃強度が低下)
  • 結晶性である為、耐薬品性に優れており、ガラス繊維強化し易く、高い機械的強度、耐熱性を保持
使われ方

電動工具ハウジング

採用理由

割れにくいこと(強靭性)、油に強い(耐薬品性)

インテークマニホールド

採用理由

割れない(強靭性)、油に強い(耐薬品性)、エンジンルームでも使用可能な耐熱性、軽量化(金属に比べて)、量産性が良い(熱可塑化)

電子機器内配線結束クランプ

採用理由

取付作業性(靭性)、強度(靭性、環境温度対応、難燃性)、長期間連続使用(耐熱性・長期熱安)

出典 ㈱ニックス