概要


用途


記事


比較


汎用プラ 結晶性
PET
化学式 化学式
比重

1.38

熱的性質

70

Tg(℃)

260

Tm(℃)

特徴

耐熱性

耐薬品性

耐低温性

電気絶縁性

射出成形難

寸法安定性難

難燃性難

解説

テレフタル酸とエチレングリコールとの重縮合体。結晶性樹脂で、結晶化度が低い状態だと透明で耐熱性は低いが、結晶化度を上げると耐熱性も上がる。
・C-PET(結晶性PET):徐冷したもの 不透明だが、耐熱性が有る(220℃位)
・A-PET(非晶性PET):急冷成形したもの 透明だが、耐熱性が無い(60℃位)
・G-PET(非晶性PET):エチレングリコールに一部をシクロヘキサンジメタノールに代替、結晶化を阻害させたもの
・GF-PETは、PETをガラス繊維強化した射出成形用材料

ポイント
  • 単体での衝撃強度は小さく、糸やフィルムなど延伸されることで強度が上がる
  • PETで作るポリエステル糸は、非常に強い繊維で、肌触りが良く、速乾性があり、抗シワ性、耐摩耗性、染色性等に優れるので、合成繊維として最も大量に使用される。
  • ナチュラル材は、押出・紡糸・ブロー成形に向き、射出成形には不向き
使われ方

PETボトル

採用理由

ブロー成形性が良い、結晶化させることによってホット充填が可能となる(耐熱性)、透明性

服(ポリエステル繊維)

採用理由

糸を作りやすく、色付けもし易い(紡糸性、染色性)

卵パック

採用理由

使用済みPETボトルのリサイクル原料を使用し、A-PETとして再利用。(リサイクル性、高延伸強度、透明性)