概要


用途


記事


比較


汎用プラ 結晶性
PP
化学式 化学式
比重

0.90

熱的性質

-20

Tg(℃)

180

Tm(℃)

特徴

易成形性

耐薬品性

耐低温性

良耐候性

耐加水分解性

寸法安定性難

不透明

解説

プロピレンの重合体で、単純な高分子。製造法によって以下の様に細分類化される。
・プロピレンの単独重合体。耐衝撃性、寸法安定性などが欠点
・PPランダムコポリマー:プロピレンの間に少量のエチレンが共重合されたもの
・PPブロックコポリマー:EPRの存在下にプロピレンを重合したもの、耐衝撃性が向上

ポイント
  • 比重が汎用プラスチックの中では最も小さい(0.90位)
  • 成形性、耐衝撃性が良いので自動車バンパーなどに採用
  • 寸法の安定性がなく、精密な用途には不向き
使われ方

衣装ケース

採用理由

大物成形性が良い(射出成形性良)、衝撃性が良い(耐衝撃性)、軽量化(低比重)

食品保存容器

採用理由

冷蔵庫内でも割れない(耐寒性)、食品容器としての衛生性、軽量化(低比重)、100℃位では変形しない

バンパー

採用理由

大物成形性が良い(射出成形性良)、衝撃性が良い(耐衝撃性)、軽量化(低比重)、ガソリンに強い(耐薬品性)