概要


用途


記事


比較


スーパーエンプラ 結晶性
PPS
化学式 化学式
比重

1.66 (GF40%)

熱的性質

90

Tg(℃)

280

Tm(℃)

特徴

超耐熱性

機械特性

耐薬品性

低吸水率

寸法精度

電気絶縁性

難燃性

耐衝撃性

解説

ベンゼン環に硫黄が結合して連なった重合体で、パラジクロルベンゼンと硫化ナトリウムの重縮合で生成される。流動性の良い材料であり、フィラー強化し易く、ガラス繊維を40%を配合したものが標準的。

ポイント
  • 非強化品は、衝撃に弱く割れやすい為、ガラス繊維等のフィラーで補強されたグレードが多い
  • フィラー強化品は機械的物性が高く、耐薬品性、耐熱性、難燃性を合わせ持つ
  • 硫黄を主鎖に含んでいるため、高温成形においては、腐食性のガスを生じる可能性有
使われ方

コネクションリング

採用理由

高絶縁性、高体積抵抗率、過酷なヒートサイクルの中での優れた耐衝撃性と耐疲労特性

出典 PressReleaseFinder

48ボルト・インバーターモジュール

採用理由

銅とのインサート成形性(近似の熱膨張係数)、耐熱衝撃性、実質的に吸水率ゼロ

出典 PressReleaseFinder

温水対応配管継ぎ手

採用理由

耐加水分解性(耐熱水)、対衝撃性(対ウォーターハンマー)、高剛性、低吸水

出典 ㈱ニックス