3R(Reduce、Reuse、Recycle)

用語をコピーできます

概要

概要をコピーできます

Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の頭文字を取った3つのアクションの総称。大量生産・大量消費・大量廃棄の社会から「循環型社会」に転換するための基本的な考え方。

解説

解説をコピーできます

・Reduce(リデュース/減らす):ごみの発生や資源の消費自体を減らすこと。
・Reuse(リユース/もう一度使う):ごみにせず繰り返し使うこと。
・Recycle(リサイクル):ごみにせず再資源化すること。
優先順位は、リデュース>リユース>リサイクル。

資源の有効活用を推進し、廃棄物の発生を抑制することで、環境負荷を軽減し、環境保全と持続可能な発展の両立を実現することが期待される。
日本では、2001年に「資源有効利用促進法」が施行され、3Rの取り組みが必要となる「10業種・69品目」を指定し、事業者が取り組むべき事項を定めている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る