CATENA – X

用語をコピーできます

カテナ - エックス

概要

概要をコピーできます

GAIA-Xのフレームワークを利用して、自動車産業全体のサプライチェーンに関するデータを共有するためのデータエコシステム。2021年に設立され、自動車産業の競争力強化やCO2削減などを目的としている。

解説

解説をコピーできます

ドイツの自動車メーカー・サプライヤー・上流の素材メーカー・研究所・政府機関などが中心となって設立され、基本的規則を定めるべく議論を継続しており、中小企業を含めた多様な企業の参画を促すための準備を進めている。
スタートアップや非ドイツ系企業の参画も増えており、2022年9月時点で111組織が参画している。欧州の自動車メーカーだけでなく、そのほかの関連する企業も参加可能な実践志向のネットワークで、自動車産業のサプライチェーンにおける拡張性の高いエコシステムを作り、オープン性・中立性を確保しながら標準化されたデータへのアクセスを確立し、自動車のバリューチェーン全体で効率化/最適化/競争力の強化/持続可能なCO2排出量削減などの実現を目標としている。
CATENA-Xの全参画者の合意形成に時間を要し、システム開発が遅延しているというような問題が指摘されている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る