CFP

用語をコピーできます

Carbon Footprint of Products

カーボンフットプリント

概要

概要をコピーできます

商品やサービスのライフサイクル全体で排出される温室効果ガスの量を追跡し、その総量をCO2換算して表示することを指す。これにより、環境気候変動への影響を可視化できる。

解説

解説をコピーできます

地球温暖化問題への対策として生まれた考え方で、算定の対象となる物質は主に二酸化炭素(CO2)だが、メタン(CH4)や亜酸化窒素(N2O)などの温室効果ガスも含まれる。
CFPはライフサイクルアセスメント(LCA)の手法を用いているが、LCAが製品の環境負荷全般を評価するのに対し、CFPは温室効果ガスの排出に特化している。これにより、企業や消費者は製品やサービスが残す「炭素の足跡」を可視化し、環境負荷の低減に取り組むことができる。
計算方法はISO(国際標準化機構)のISO14067やGHGプロトコルによって規定されており、これにより、国際的に統一された計算・表示方法が確立されている。

しかし、CFPにも課題はあり、例えば、計算方法の複雑さ、データの取得難易度、地域や時間による排出量の変動などが挙げられる。これらの課題を克服することで、より正確で信頼性の高いCFPの表示が可能となり、環境負荷削減に対する取り組みの更なる推進が期待されている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る