ケミカルリサイクルプラスチック

用語をコピーできます

Chemical Recycle Plastic

概要

概要をコピーできます

廃棄されたプラスチックを化学処理によりモノマーへ解重合、または粗原料レベルにまで分解し、それを再び重合することで作られるプラスチック。また廃プラのケミカルリサイクルとしては、再びプラスチック材料を作る以外に、廃プラを熱分解して炭化水素、一酸化炭素、水素といったガスや、炭化水素油に還元し、燃料や他の化学品の原料として利用する方法もある。

解説

解説をコピーできます

使用済の廃プラスチックを解重合によりモノマーに戻し、それを再び重合してプラスチックを製造するという過程の中で、廃プラに付着した汚れや混入異物、および物性劣化までを除去できるメリットがある。飲料ボトルを代表的な用途とする「PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂」で実用化が進んでおり、ボトルtoボトルへの資源循環がなされている。
マテリアルリサイクルに比べると設備投資の規模が大きく、触媒や熱分解のためのコストがネックとなるが、応用の幅が広い技術であるため、今後の普及が期待される。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る