CSR

用語をコピーできます

Corporate Social Responsibility

企業の社会的責任

概要

概要をコピーできます

企業には、経済的な活動だけでなく、社会的および環境的な影響も考慮し、持続可能な価値創造に貢献する責任があるという考え方。
企業は、ステークホルダー(利害関係者)との相互作用に焦点を当て、倫理的な態度や透明性を重視しながら、社会貢献活動や環境保護活動、労働態勢の向上など、広範な責任を果たすことが求められる。

解説

解説をコピーできます

株主をはじめとするステークホルダー(利害関係者)のために、経営者が適切な意思決定を行うことを確保するための仕組みとして、コーポレートガバナンス(企業統治)がある。CSRとは、企業が持つ責任や組織の管理に関して異なる側面を表しているが、相互に密接に関連している。

例えば、コーポレートガバナンスでは、企業の透明性や責任を強化するための枠組みを提供し、適切な企業は、意思決定プロセスや業績の透明性を高め、株主や他のステークホルダーに対する責任を果たしている。
CSRは、この透明性と責任を拡大し、企業が経済、社会、環境に対してどのような影響を持つかを明確にし、それに対する責任を強調している。

またコーポレートガバナンスは、株主と経営陣の間の関係だけでなく、他のステークホルダーとの関係も重視しており、一方のCSRでは、顧客、従業員、サプライヤー、地域社会などの広範なステークホルダーとの関係を求めており、その関連性は強い。

総じて、コーポレートガバナンス(内部統制・牽制)とCSR(社会的責任・貢献)は、企業の組織的な責任と社会的責任を強調する異なる観点を有しているが、相互に補完し合い、企業の持続可能な成長と長期的な価値創造に貢献している。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る