環境ラベル

用語をコピーできます

Environmental Labels

概要

概要をコピーできます

地球への環境負荷低減に繋がる商品やサービスにラベルが付与される制度。罰則規定などはなく、取得も任意で行なわれる。
目的や運用団体ごとに、世界中にさまざまな種類のラベルが存在し、環境ラベルの取得を公共調達の要件の一つに設定している国もある。

解説

解説をコピーできます

環境ラベルは、ISO(国際標準化機構)でタイプⅠ・タイプⅡ・タイプⅢに分類されている。
・タイプⅠ:第三者が認証する環境ラベル。中立公正な第三者機関により、製品やサービスのライフサイクルにおける環境負担を考慮した基準が定められている。日本の「エコマーク」、アメリカの「EPEAT」ドイツの「BlueAngel」などがこれに当たる。
・タイプⅡ:事業者の自己宣言による環境ラベル。事業者等が自ら商品に付与し市場に主張するために使用するもので、第三者による認証はない。
・タイプⅢは、環境情報を表示する環境ラベルであり、製品のライフサイクルにおける環境影響を、運営団体が定める方法に則り計測した定量的なデータを開示するためのもの。日本には、一社)サステナブル経営推進機構(SuMPO)が運営する「エコリーフ」がある。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る