EUタクソミー

用語をコピーできます

EU taxonomy for sustainable

概要

概要をコピーできます

2020年に発効された欧州連合(EU)の規則で、企業の経済活動が地球環境にとって持続可能であるかどうかを判定し、欧州グリーンディールを達成するためのサステナブルファイナンス(投資)の基準となることを目的に策定された。

解説

解説をコピーできます

EUタクソノミーは、欧州連合が提唱する持続可能な金融の枠組みであり、主に環境に配慮した経済活動を促進するために設計されている。この枠組みは、企業や投資家が環境および社会への影響を評価し、報告するための基準を提供する。
環境に関連する企業の経済活動を以下の6つの主要なカテゴリーに分類し、それらの活動の持続可能性目標に対する貢献度を評価する。

① 気候変動の適応と減少
② 持続可能な水利用と海洋資源
③ 循環型経済
④ 汚染防止と制御
⑤ 生態系と生物多様性の保護
⑥ 温室効果ガスの排出量削減

これらの行動の促進により、企業が持続可能な経済成長に向けた透明性と責任を高めることを目指し、環境に配慮した投資を行ない、従来のビジネスモデルから持続可能なビジネスモデルへ移行することが期待される。
EUタクソノミーは、欧州連合のグリーン成長戦略の重要な要素であり、持続可能な未来への道筋を示す重要なツールとなっている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る