グリーン成長戦略

用語をコピーできます

概要

概要をコピーできます

日本国における2050年のカーボンニュートラルを達成するため、経産省が中心となって2020年に策定された実行計画。様々な分野でイノベーションを実現し、革新的技術を社会実装することで、持続可能な社会の実現と、国民生活にメリットをもたらすことを目的としている。

解説

解説をコピーできます

産業政策・エネルギー政策の両面で成長が期待される14の重要分野について、環境を保全しながらカーボンニュートラルを果たす産業構造への変革の方向性を示し、実行計画を策定し、国として高い目標を掲げ、可能な限り具体的な見通しを立てている。

14の重要分野とは以下を指す。
①洋上風力・太陽光・地熱、②水素・燃料アンモニア、③次世代熱エネルギー、④原子力、⑤自動車・蓄電池、⑥半導体・情報通信、⑦船舶、⑧物流・人流・土木インフラ、⑨食料・農林水産業、⑩航空機、⑪カーボンリサイクル・マテリアル、⑫住宅・建築物・次世代電力マネジメント、⑬資源循環関連、⑭ライフスタイル関連

グリーン成長戦略を実現するための企業の前向きな挑戦を後押しするため、予算(グリーンイノベーション基金)、税制、金融、規制改革・標準化、国際連携、大学における取組の推進等など、幅広い政策支援を行っている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る