ISO 14064(組織のGHG排出・削減量の算定・報告・検証に関する要求事項)

用語をコピーできます

ISO 14064 Specification with guidance at the organization level for quantification and reporting of greenhouse gas

概要

概要をコピーできます

2006年3月に発行された温室効果ガス(Green House Gas:GHG)の排出量の測定、監視、報告に関する国際規格。この規格は、組織や企業が自身の温室効果ガス排出量を把握し、削減策を立案するための基準を提供する。

解説

解説をコピーできます

GHGを管理するための手法や原則に関するガイドラインを明確にし、GHGの計測や報告に関する一貫した方法論を確立することを目指す規格。GHGの排出量を算定し、検証するためのルールを定め、その透明性を保つことが主な目的。自社のGHG排出に関する取り組みの信頼性を高める手段として位置づけられている。
本規格は、3つのパ―トに分かれている。
・パート1:組織レベルの原則と要求事項を規定し、GHGの排出量や吸収量を定量化して報告するための枠組み
・パート2:GHG排出量の削減や吸収の強化に貢献する活動を定量化し、モニタリングおよび報告するための具体的指針
・パート3:GHGアサーションの妥当性確認や検証を規定し、管理するための原則と要求事項

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る