ISSB

用語をコピーできます

International Sustainability Standards Board

国際サステナビリティ基準審議会

概要

概要をコピーできます

IFRS(国際会計基準)財団が、2021年11月のCOP26に合わせて設立した組織。世界の投資家に向けて開示する、企業のサステナビリティ情報(非財務情報)の国際基準の統一化を目指している。
2023年6月26日にIFRS S1号「サステナビリティ関連財務情報の開示に関する全般的要求事項」、FRS S2号「気候関連開示」を公表した。

解説

解説をコピーできます

IFRS財団の一部として、IFRSサステナビリティ開示基準(IFRS SDS)の開発から、審査・承認機能までを有する独立した民間部門の機関。
気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)からの要請を受け、2024年よりISSBが企業の気候関連情報開示の進捗を監視する責任を引き継ぐことが発表された。
TCFDの勧告は、ISSBの気候関連情報開示基準の要求事項にも幅広く取り入れられており、企業の気候変動に対する取り組みとその影響についての透明性が向上し、投資家やその他の利害関係者が、より適切な投資判断を行うことが可能となる。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る