LCA

用語をコピーできます

Life Cycle Assessment

ライフサイクルアセスメント

概要

概要をコピーできます

製品やサービスの生涯にわたる環境負荷を定量的に評価する手法。
資源採掘から資材調達、製造、流通、廃棄、再生までの全過程(ライフサイクル)を包括的に考慮し、我々が使用する製品やサービスが環境に与える影響を、より正確に理解するための重要なツールとなっている。

解説

解説をコピーできます

製品やサービスのライフサイクル全体における環境負荷を定量的に評価する、環境問題への対策として生まれた背景から、評価対象は、エネルギー消費、水使用、廃棄物生成など多岐に渡る。

LCAは、企業の環境負荷削減の取り組みを可視化し、消費者が環境に配慮した選択をするための情報を提供することができ、また、企業間での環境負荷削減の取り組みを促進するためにも利用される。
計算方法は ISO14040(原則及び枠組み)、ISO14044(要求事項及び指針)によって規定されており、国際的に統一された計算・表示方法が確立されている。

しかし、LCAには計算方法の複雑さ、データの取得難易度、地域や時間による環境負荷の変動などの問題がある。これらを克服することで、より正確で信頼性の高いLCAの表示が可能となり、環境負荷削減に対する取り組みを更に推進することが期待されている。
なお、LCAが製品の環境負荷全般を評価するのに対し、カーボンフットプリント(CFP)は温室効果ガスの排出に特化しているという違いがある。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る