リニアエコノミー

用語をコピーできます

Take, Make, Waste Economy

直線型経済

概要

概要をコピーできます

資源を採掘し、モノを作り、使ったら捨てるという、一方通行型の経済の仕組み。サーキュラーエコノミーの対義語として使われており、現在の大量生産・大量消費・大量廃棄の経済システムを指す。別名「Take, Make, Waste Economy」とも呼ばれる。

解説

解説をコピーできます

リニアエコノミーでは、製品の寿命が短いほど、生産者にとっては利益になる。言い換えれば、消費者が製品を購入後すぐに捨て、新しい商品を購入するほど、より多くの利益が発生する。この経済原理が大量生産、大量消費であり、これが大量な廃棄と資源の枯渇、そして気候変動をもたらしたとされる。
目先の経済を優先することが、将来の持続可能性を失う原因となることの警笛としても使われる。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る