マテリアルリサイクルプラスチック

用語をコピーできます

Material Recycle Plastic

概要

概要をコピーできます

廃棄されるプラスチックを、粉砕・洗浄・溶融混練(ペレット化)し、再び成形用材料として利用するリサイクル方法。廃プラには、①市場から回収された使用済プラスチック製品、②製造過程で発生する端材や不良品、③成形工場で発生するスプル・ランナなど製品にならない部分がある。(③は成形工場内で粉砕され、そのまま使用される場合がある)。①はPCR(ポストコンシューマーリサイクル)、②・③はPIR(ポストインダストリアルリサイクル)と呼ばれる。

解説

解説をコピーできます

特に使用済プラスチック製品のマテリアルリサイクル(ポストコンシューマーリサイクル:PCR)による資源循環は、限りある資源を有効活用し、枯渇性資源を消費と廃棄物処理のよる環境負荷を減らすことにつながるため、多くの業界団体や企業で積極的に導入が進められている。一方でマテリアルリサイクルプラスチックの品質は、原料(回収される廃棄プラスチック)に大きく依存しており、原料の回収スキームや、それらを担保する規格・認証の開発が進められている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る