NEDO

用語をコピーできます

New Energy and Industrial Technology Development Organization

新エネルギー・産業技術総合開発機構

概要

概要をコピーできます

日本のエネルギー・環境分野と産業技術の一端を担う国立研究開発法人として1974年に設立。持続可能な社会の実現に必要な技術開発の推進を通じて、イノベーションを創出することを目的としている。リスクを伴う革新的な技術の開発や実証を行い、成果の社会実装を促進する「イノベーション・アクセラレーター」として、社会課題の解決を目指している。

解説

解説をコピーできます

化石エネルギー、可燃性天然ガス及び石炭に関する、エネルギー使用合理化や鉱工業等の技術の、民間による研究開発の促進、開発された技術の利用促進等の業務を、国際的に協調しつつ総合的に行い、エネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保並びに経済・産業の発展に資することを目的としている。
具体的な研究開発対象としては、太陽光発電や風力発電、バイオマス利用技術、省エネルギー技術、燃料電池、各種リサイクル技術、地球温暖化対策技術などが挙げられる。なお、NEDO自体は研究開発施設を保有しておらず、実際の技術開発は産学の研究機関に委託して行われている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る