パリ協定

用語をコピーできます

Paris Agreement

概要

概要をコピーできます

2015年にフランス・パリで開催された COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択され、2020年以降の地球温暖化対策の目標を定めた国際的な枠組みであり、京都議定書の後継となるもの。

解説

解説をコピーできます

世界約200か国が合意して成立。世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して、2℃より充分低く抑え、1.5℃に抑える努力を追求することを目標とする。これを達成するため、国際社会は、今世紀後半に世界全体のGHG排出量を実質的にゼロにすること、つまり「脱炭素化」を目指す。
京都議定書とパリ協定の主な違いは、対象となる国の範囲と法的拘束力の有無で、京都議定書は先進国のみを対象とし、法的拘束力があった。一方、パリ協定はすべての国と地域を対象とし、各国が自主的にGHGの削減目標を設定し、それを達成するための施策を実施することが求められている。
パリ協定の意義は、すべての国が自主的に温暖化対策目標とその達成方法を決め、5年ごとに提出することが合意された点にある。また、効果的な温暖化対策の実施を促すため、全ての国に透明性を高めた共通の方法が適用され、その実施状況を報告し、レビューを受けることになっている。これにより、気候変動対策の強化、国際社会の協力強化、経済への影響、持続可能な開発などを促し、地球温暖化の進行を食い止めることが期待されている。
2017年にアメリカは当時のトランプ政権が協定からの離脱を表明し、2020年11月に正式に離脱したが、バイデン政権となった直後の2021年2月に復帰している。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る