PPA

用語をコピーできます

Power Purchase Agreement

電力購入契約

概要

概要をコピーできます

中規模から大規模な発電事業者と需要家(電気の利用者)の間で締結する「電力購入契約」のことを指す。
具体的には、需要家(企業や自治体、自宅など)が所有する建物の屋根や遊休地をPPA事業者に貸し、PPA事業者がそこで太陽光発電などの再生可能エネルギーをつくり、それを需要家が購入するシステム。発電設備の所有者が需要家ではなく、PPA事業者という第三者になることから「第三者モデル」とも呼ばれる。

解説

解説をコピーできます

契約は通常、10年以上の長期にわたる。
このモデルの導入により、初期費用やメンテナンス費用をかけずに太陽光発電システムを導入でき、電気代の削減効果が期待できる。さらに、CO2排出量の削減にも寄与する。
自己所有自家消費型やリース型といった他の太陽光発電システムの導入方法と比較して、一部の企業にとって、より経済的に有利な選択肢となる可能性がある。
以上のような特性から、PPAモデルは、再生可能エネルギーの普及と持続可能なエネルギー供給の実現に向けた、一つの有望な手段として注目されている。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る