グリーン電力証書

用語をコピーできます

概要

概要をコピーできます

再生可能エネルギー(太陽光、水力、風力、バイオマス、地熱など)によって発電された電力の環境価値を証書にして売買する制度。
CO2などのGHGを排出しない電力の価値を切り出したもので、企業や自治体などが自主的に省エネルギー・環境対策に貢献することを目指している。

解説

解説をコピーできます

証書発行事業者が第三者認証機関(一般財団法人日本品質保証機構)の認証を得て、「グリーン電力証書」を発行し、企業や自治体などがこれらの証書を購入することができる制度。
証書を購入した企業や自治体は、自身が再エネ発電設備を持たなくても、証書に記載された電力量相当分、再エネ普及に貢献したことになる。
非化石証書、J-クレジットと比較するとやや高めの価格で取引されている。

グリーン電力証書は以下への活用が可能となっている。
・RE100の再エネ調達手法
・CDP報告、SBT認定における、Scope2の排出量削減

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る