SDGs

用語をコピーできます

Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標

概要

概要をコピーできます

2015年に国連が掲げた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称。世界から貧困をなくす、ジェンダー平等を実現する、気候変動への具体的な対策を取るなど、誰もが安定して暮らせる未来をつくることを目指している。

解説

解説をコピーできます

1984年に国連の中に設置された「環境と開発に関する世界委員会」(ブルントラント委員会)が、1987年に最終報告書を提出し、環境と持続可能性の流れが生まれた。そして、MDGs(ミレニアム開発目標)の期限終了を目前に控えた2015年の国連サミットにおいて、加盟国の全会一致で「2030アジェンダ」が採択され、SDGsが誕生した。目標達成期限は、世界共通で2030年12月31日までとなっている。
SDGsは私たちの生活に多大な影響を与えており、レジ袋の有料化によるプラスチック削減、タバコの規制による人と環境のクリーン化、教育無償化の範囲拡大、企業での働き方改革推進など、さまざまな取り組みが進められている。

SDGsは、以下の17の目標を掲げている。
①貧困をなくそう:あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困を終わらせる
②飢餓をゼロに:飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する
③すべての人に健康と福祉を:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
④質の高い教育をみんなに:すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
⑤ジェンダー平等を実現しよう:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児のエンパワーメントを行う
⑥安全な水とトイレを世界中に:すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
⑦エネルギーをみんなに、そしてクリーンに:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
⑧働きがいも経済成長も:包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
⑨産業と技術革新の基盤をつくろう:強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
⑩人や国の不平等をなくそう:国内及び各国家間の不平等を是正する
⑪住み続けられるまちづくりを:包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する
⑫つくる責任、つかう責任:持続可能な消費生産形態を確保する
⑬気候変動に具体的な対策を:気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
⑭海の豊かさを守ろう:持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
⑮陸の豊かさも守ろう:陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
⑯平和と公正をすべての人に:持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
⑰パートナーシップで目標を達成しよう:持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

これらの目標は、地球規模の課題を解決し、持続可能な経済成長を目指す。その基本理念は「誰ひとり取り残さない(leave no one behind)」である。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る