スマートグリッド

用語をコピーできます

Smart Grid

次世代電力網

概要

概要をコピーできます

電力網に通信ネットワークや情報システムを組み込んだ次世代型エネルギーシステム。ICT技術により、電力の供給側・需要側の双方から電力量や流れを制御でき、また、電力需要をリアルタイムで把握し、効率的な電力利用をコントロールすることもできる。リアルタイムの電力データにより、電力需要の正確な予想を可能とし、発電設備の最適化や再エネ電力の導入促進にも貢献する。

解説

解説をコピーできます

電力の供給側である発電所と、消費側の家庭や企業がネットワークで結ばれ、双方向でデータのやり取りができるようになることで、供給側は、消費側がどれだけ電力を必要としているのかを把握できるようになり、必要なときに必要なだけ電力供給をすれば良いことになるため、効率的な電力運用が可能となる。

スマートグリッドを実現するためにはスマートメーターとHEMSが必須となる。
スマートメーターとは、通信機能を持つ電力計測器のことを意味する。例えば家庭にスマートメーターを設置すると、家庭での電力使用量や発電量などのデータを自動計測し、計測はリアルタイムで行われるため、発電所は最新の情報を常に得ることができる。
HEMS(Home Energy Management System)は、スマートメーターから得た電力データを受け取り、電力のコントロールを行うシステムのことであり、データに基づいて電力の消費量のピークを予測し、例えば蓄電池の開放を行い、消費量が少ない場合には、発電した電力を蓄電池にためるように動作する。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る