TNFD

用語をコピーできます

Taskforce on Nature-related Financial Disclosures

自然関連財務情報開示タスクフォース

概要

概要をコピーできます

グローバル・キャノピー、国連開発計画(UNDP)、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)、世界自然保護基金(WWF)が創設パートナーとなり、準備期間を経て2021年6月に正式に発足。企業や金融機関が、自然資本および生物多様性に関するリスクや機会を適切に評価し、情報開示するための枠組みを構築する国際的なイニシアティブ。

解説

解説をコピーできます

企業の事業活動による自然環境へのリスクと機会を、高い透明性をもって開示していくことで、投資家による自然資本と生物多様性を重視した、環境保護につながるソリューションや機会への投資判断を促す。こうした行動や考え方を「ネイチャーポジティブ」とも呼ぶ。

その枠組みとなる「TNFDフレームワーク」の最終提言である v1.0 が2023年9月19日に正式に公開された。その仕組みは、おおよそTCFDに準拠して設計されており、TCFDの「自然版」と理解することも出来る。
開示提言は、4つの概念的な基礎・6つの一般的要求事項・開示提言(4つの柱)・14の開示推奨事項から構成されている。

4つの柱はTCFDと同様に「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」となっているが、TCFDとの主な違いは、自然との依存関係と自然への影響というダブルマテリアリティの観点が採用されている点、「ロケーション」が重視されている点、そして対象を気候変動ではなく自然資本としている点にある。

用語検索

< サステナ手帖TOPに戻る