公開日:2024/05/13

最終更新日:2024/05/10

これからの日本を支える「自家消費型太陽光」!メリットと導入方法を徹底解説

今、日本で自家消費型の太陽光発電が注目を集めています。自家消費とは、太陽光発電で生成された電力を自分自身で利用することを指し、家庭や企業にとって様々なメリットをもたらします。本記事では、自家消費型太陽光のメリットや導入方法について詳しく解説します。

自家消費型太陽光発電とは?

自家消費型太陽光発電は、その名の通り、自分自身の家庭や施設で消費する電力を自分で生成する形式の太陽光発電システムです。まず、その概要やメリット、デメリット、そして導入におけるポイントについて説明します。

自家消費型太陽光発電は、太陽電池で発電した電気をその場で消費するシステムです。家庭用の電力や、企業や公共施設での電力需要を自分で賄うことができます。
導入する際は、設置業者と共に費用対効果や、設置に適しているか等を正確に把握することが大切です。設置費用、メンテナンス費用なども考慮に入れ、導入を決めると良いでしょう。

画像提供:株式会社サンエー

導入のメリット

自家消費型太陽光発電の魅力はそのメリットにあります。ここでは、具体的に生活やビジネスにどのような影響を与えるかを少し深堀りします。

最大のメリットは、電気代の削減です。自宅や施設で消費する電力を自分で生成することで、電力供給者から購入する電力の量を大幅に削減することができます。これにより、毎月の電気代が低減します。
余った電力は、蓄電池に蓄えて後から使うことも可能ですし、電力会社へ売ることが可能で、その対価としての収入を得ることができます。
電気代の削減分、或いは販売による収入で、初期投資を回収することが可能です。

もう一つの大きなメリットは、太陽光発電は再生可能エネルギーの一つであり、二酸化炭素の排出を削減できるという環境への大きなメリットがあります。導入することで、自分自身が排出する二酸化炭素の量を削減し、地球温暖化の抑制に貢献することができます。

また、自家消費型太陽光発電は、自分で電力を生成・消費するため、電力供給が大幅に安定するというメリットも有ります。特に大規模な停電や災害時でも、自前で電力を供給することが可能です。このため、ビジネスにおけるBCPにもなりますし、生活におけるリスクを軽減できます。

画像提供:株式会社サンエー

導入費用と補助金

自家消費型太陽光発電は、持続可能なエネルギー供給源としてその価値を証明しています。しかし、その価格は、初期投資の高さとして一部の導入希望者にとってハードルとなる場合もあります。
ここでは、その一般的な価格と、それを補完する可能性のある補助金制度について説明します。

太陽光発電システムの価格は、設置する設備の規模や設置する場所により大きく変動します。一般的には数百万円から数千万円(法人)といった範囲になることが多いですが、これは長期的な運用により回収可能な投資であると考えることができます。
また、国や地方自治体は、その普及を促すために様々な補助金を提供しています。

これらの補助金は、初期投資の負担を軽減する大きな要素となり得ます。
例えば、国の補助金制度では、設置費用の一部を補助しています。また、地方自治体によっては、より大きな補助金を提供する場合もあります。
補助金の申請には手続きが必要で、それぞれの自治体や機関の公式ウェブサイト等で詳細な情報を確認することが重要です。また、補助金の申請を代行できる会社に任せるのも一つの手です。

「サンエー」がお手伝いします

自家消費型太陽光発電は、コスト削減と環境保全を両立するための有効な手段です。上述の説明からもわかるように、規模を問わず様々な事業者が、その導入に成功し、利点を享受しています。
自社の状況に合った太陽光発電システムを検討することで、あなたのビジネスも持続可能な未来への一歩を踏み出すことができます。

太陽光発電の導入には専門的なアドバイスが不可欠です。弊社「サンエー」は、提案から施工までワンストップで対応が可能で、補助金申請の代行も承っております。
ご興味のある方、導入をお考えの方は、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ

profile

本田 陸

<所属>株式会社サンエー マーケティング部
<専門分野>マーケティング・広報
<紹介文>株式会社サンエーのマーケティング部に所属し、マーケティングのみならず、PRや社内のDX化を手掛ける社内の唯一無二の存在。