活用されるバイオマス材料

TEXaは、食品にできない農業廃材(精米で排出されるもみ殻、パームオイル搾取後のパームヤシ繊維)を利用しています。
これらのバイオマス材料を重量比で51%以上配合し、PP樹脂・添加剤とコンパウンドした成形材料となります。
高いバイオマス率により、通常のプラスチックでは表現の難しい「オーガニックな質感」を有しています。
バイオマス材料の種類・粒子径が異なる複数のグレード(品番)がラインナップされており、用途に応じたグレード選択が可能です。
例えば機械的強度を重視される場合は「パームヤシ繊維グレード」を、成形性を重視される場合は、粒子径の細かい「もみ殻グレード」が推奨されます。

画像提供:テクスケムポリマー社

一般成型が可能

TEXaは、一般射出成型およびシート成型が可能で、既存の生産設備でご使用いただけます。
PP樹脂が含まれている為、PP樹脂に近い物性と成型性を有しており、さまざまな用途で製品化されております。
標準の材料色は「ブラウン色」(ナチュラル)と白顔料を配合した「ベージュ色」ですが、マスターバッチにてさまざまな色に着色いただくことが可能です。

画像提供:テクスケムポリマー社

低い環境負荷と取得認定

TEXaは、主成分を農業廃棄物とすることで、PS・PP・PLA等と比較してGHG排出量が少ない材料になります。
また、以下のの図のとおり、さまざまな規格認定を取得しています。
{JORA(日本有機資源協会)のバイオマスマークの認定を受けております。}

表中のラベルは 各国機関の登録商標です
画像提供:テクスケムポリマー社

サンプルのご用命はこちらまで

エネルギーの消費量とGHGの排出量を低減し、農業廃棄物に付加価値を生み出し地域環境・経済に貢献する「TEXa」を是非ご検討ください。
サンプルなどのご用命はこちらまでお願いします。