公開日:2024/03/08

最終更新日:2024/03/04

アクリル樹脂資源循環による、環境・社会貢献事業

弊社、緑川化成工業株式会社は、アクリル樹脂の押出成形品を回収して、破砕 → 樹脂識別機 →粉砕 → 洗浄 → 乾燥 → ペレット化 → シーティング/板材 の製造を行っています。
こうして出来上がったペレット材を「リアペレット」、板材を「リアライト」として販売しています。この2つの製品を利用することは、循環型リサイクルを実施になり、社会貢献に繋がっていると考えております。

緑川化成工業の、資源と環境への考え

日本は、天然資源の少ない国であり、海外から多くの資源を輸入し、素材から製品まで製造し国内外に販売しています。これらの素材や製品は通常役目を終えると廃棄されます。
しかし他国から購入した資源であるからこそ、廃棄される前に回収して新たな資源として生まれ変わらせ、無駄なく何度も使用することがより必要です。

弊社では、こうした考え方に基づき循環型リサイクルを行い、再生した素材を用いて様々なアイテムを生み出し、サステナブルな社会貢献を目指しています。
リサイクルアクリル板「リアライト」を始めとして、循環型社会の実現のための商品開発と展開を種々進めております。循環型社会実現への取り組みを通してCO2排出量の削減、マイクロプラスチックの原因となる海洋ごみの削減、森林管理した材料を使用し森林保全などに貢献します。

画像提供:緑川化成工業株式会社

2002年から、アクリル再生事業を開始

「リアライト」とは、約20年前に弊社社長 緑川忠男が、『社会貢献をしないと企業価値がない』という考えで開発、製造を始めたリサイクルアクリル板になります。

<リアライトの特徴>

☑ 原料である「リアペレット」は再生アクリル100%のペレット。
  「リアペレット」80%+バージン材20%から「リアライト」を製造。
☑ エコマーク認定商品
☑ グリーン購入法対応商品
☑ 製造時のCO2排出量71%削減
 ※ペレット1,000㎏製造時のCO2排出量:バージン/2,165kg、リアライト/629㎏(弊社計算値)の比較
☑ 一般アクリルと同等の物性

<リアライトのラインナップ>
☑ 色調(板厚):透明(2、3、4、5mm)、白(2、3、5mm)、黒(2、3、5mm)、乳半(3、5mm)、両面マット(3、5mm)
☑ 標準サイズ:930×1,860×板厚 になります。
 ※他サイズも対応可能ですので、お気軽にお問合せください。

画像提供:緑川化成工業株式会社

リサイクル素材、加工品ラインナップ

弊社では、以下のリサイクル製品を製造、販売しています。

① リアペレット:リサイクルアクリル100%のペレット
② リアライト:リサイクルアクリル80%のアクリル板
③ リアライトミラー:リサイクルアクリルのミラー板
④ サンプレートミラー:回収したリサイクル塩ビのミラー板
⑤ リアポリカ:リサイクル原料で出来たポリカーボネート板
⑥ ミドリライトリアペットA:リサイクルペットボトルを中心とした再生原料を60%以上使用板材
⑦ リアPPバンド:水平リサイクルしたPPバンド ※リサイクル材製品の梱包に使用して下さい

また、上記のペレット、板を加工した商品化も行っています。
https://www.midorikawa.co.jp/environment/recycle.htm
① 写真立て:リサイクルしたアクリルと、コルクボードを素材とした写真立て
② 名札、定規:身近なものから環境配慮し意識付け
③ アクリルチャーム:インテリア用品として
④ ジグゾーパズル、アクリルスタンド:印刷後レーザー加工。記念品、知育用品として

他にも、全国の協力メーカー4,000社とともに、様な商品を企画、製造しています。

画像提供:緑川化成工業株式会社

樹脂循環で社会貢献、企業価値を高める

弊社環境方針「基本理念」より、
『地球環境の保護が人類共通の最重要課題と考え、事業のあらゆる面において資源の有効活用と環境汚染の防止に取り組み、地球環境の保護と社会貢献を目指して活動しています。』

世界人口総数約80億人時代。そして、今後更に人口増が確実な状況で、たった一度の使用で物を廃棄する事は、環境保全の観点から、時勢に沿わない風潮となっています。
使用済みの物を捨てればゴミとなりますが、それを再資源化すれば純国産資源になると私たちは考えます。CO2の排出を削減し、循環型経済の実現により社会貢献に寄与して参ります。

私たちは再資源化する過程で障がい者の方々に仕事を提供して、社会貢献の一助なる様にやり甲斐を提供しています。
また、再資源化資材の販売で得た収益の一部を障がい者施設に寄贈し、障がい者の方々の生活環境改善にささやかながら貢献しています。

画像提供:緑川化成工業株式会社

お問い合わせ

profile

緑川化成工業株式会社

<所属>営業戦略室
<専門分野>樹脂製品開発、製造
詳細は弊社HPを参照願います。https://www.midorikawa.co.jp/index.htm