公開日:2024/05/07

最終更新日:2024/05/10

リサイクルビジネスを失敗させない!「仕入れの方針」

リサイクルビジネスを始めるにあたり、すでに仕入れるスクラップ原料が決まっている場合は、やるべきことは明確です。しかし、とにかくリサイクルビジネスを始める、スクラップはこれから探す、というケースが現実には多いと思います。今回は、リサイクルビジネスに重要な「仕入れの方針」についてお伝えします。

「仕入れ」のポイント

前回の記事では、リサイクルビジネスが失敗に陥るパターンについて解説しましたが、今回は、失敗させないために重要となる「仕入れ」に注目します。
スクラップの仕入れには、以下のようなポイントがあります。

1.業界を決める
2.会社を絞る
3.地域を絞る
4.樹脂で絞る
5.オーダーがあるスクラップを探す
6.高付加価値の樹脂 or 薄利多売な汎用樹脂
7.分別が必要なスクラップを仕入れるかどうか
8.洗浄が必要なスクラップを仕入れるかどうか

この記事では、上記の中から「仕入れの方針」を決める上で重要な、いくつかのポイントについてご説明します。

業界を決めて仕入れする

たとえば、『射出成形工場を狙って仕入れする』といっても幅広いわけで、スマホや自動車関連の精度の高い部品を製造している会社もあれば、生活雑貨や園芸品など、割と緩めな製品を製造している会社もあります。

どの業界に絞るかで、仕入れるスクラップの樹脂の種類なども決まってきます。その決定により、収益率や購入する機械などもだいたい決まってしまいますので、業界で絞る場合には、既存のリサイクル業者にその業界の内情を聞くことが大事になります。

一方で、エンジニアリングプラスチックの成形工場は以前はそれほど多くありませんでしたが、スマートフォンなどの樹脂部品に高精度を要求する製品の急速な普及により、高精度・高機能な樹脂を使用する成形工場が増加しました。
これらの樹脂は販売価格も非常に高価なので、このマーケットに入れたリサイクル会社は業績を伸ばしました。

しかし、特定の業界に絞ると、その業界と運命共同体になります。その業界が昇り基調なのか、下り基調なのか認識しておきましょう。
特に、下り基調なら、別のルートも確保してリスク分散しなくてはなりません。

地域を絞る、樹脂で絞る

自分がいる地域で仕入れるという考え方もあります。
業界や会社で絞るのは良いのですが、遠い地域へ回収に行くことになると、長期的に多大な運送コストが固定化することになります。
そのため地域で絞るという選択肢も考慮に入ってくるでしょう。
この場合のデメリットとして、あまり樹脂を選べないという点があります。その地域で発生している樹脂で勝負するしかありません。ロットがまとまらない可能性もあるでしょう。

回収されるスクラップには様々な種類の樹脂がありますので、きちんと自社が商流を作れる樹脂を集めるようにして、不要な、あるいは不得意な樹脂は集めないようにすることも重要です。
樹脂で絞るメリットは加工のときに出てきます。材料替えの余計な清掃も少なくて済みますし、作業者のノウハウも共有しやすく、蓄積もできます。
同じ樹脂を長い時間ストップせずに加工することで低コストで製造でき、採算もよくなります。

参考記事:再生プラスチックの用途を樹脂別にお教えします
https://www.fareastnetwork.co.jp/theme548/theme385/

「仕入れ」は経営判断

分別や洗浄されていないスクラップに手を出し、仕入れることもあるかもしれません。その場合、販売するには分別または洗浄をする必要があるのですが、この分別を自社でやるかどうか、これも経営判断です。
例えば農業系スクラップは洗浄しないと加工できません。分別機能と同様、洗浄機能は大変コストがかかるという側面がある一方で、強味にもなります。

既にオーダーがあり、スクラップをいつでも仕入れることができれば簡単でしょう。
売れるものを仕入れるので仕入れ営業にも力が入りますし、単価も確定しているので価格提示も明確にできます。
しかし、そうはいかないのがプラスチックリサイクルビジネスの難しさです。

そのため、確固とした仕入れの方針を持って戦略的に動いていく必要があるのです。
これからプラスチックリサイクルビジネスを始められる方は、以下の動画も是非参考になさってください。


こちらから前回記事をご覧いただけます。
プラスチックリサイクルビジネスが失敗する6つのパターン

お問い合わせ

profile

村井 健児

<所属>株式会社ファー・イースト・ネットワーク 代表取締役

慶應義塾大学経済学部卒業、三菱銀行(現三菱UFJ)にて法人融資、株式会社宣伝会議にて環境雑誌に関わる業務を経て、2002年からプラスチックリサイクル業界で経験を積む。
2006年株式会社ファー・イースト・ネットワーク創業。プラスチックスクラップ売買、再生樹脂ペレット売買、リサイクル用機械・プラントの輸入販売を行う。