公開日:2024/05/24

最終更新日:2024/05/16

ペットボトルが傘に生まれ変わる? ⅿabu® の掲げるミッション

今年も梅雨の時期が近づいてきました。毎年この季節がやってくるたび、嫌な気持ちになってしまう方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな雨の日も待ち遠しくなるような、美しく機能的な環境配慮型の傘、mabuの「江戸」シリーズをご紹介いたします。

日常における傘の立ち位置の変化

昨今の気候変動は世界的な問題となっています。多発するゲリラ豪雨や日差しの強さは、皆様が実際に体感している通り、年々激しさを増しています。

それに比例し、雨傘・日傘への関心度も年々高まってきています。
例えば、ここ数年で「男性用日傘」というフレーズを耳にするようになり、これには美容意識の高まりなど様々な要因がありますが、その1つに猛暑に耐えきれなくなったということが挙げられます。
また、SDGsの観点から、安価なビニール傘を何度も買い直すよりも、良い傘を長年使い続けるといった考えも徐々に定着してきています。

これまで以上に日常生活に欠かせない傘は、このような流れでマーケットも大きくなりつつあります。流通量が増える分廃棄される量も増えるため、環境にも出来る限りの配慮が必要です。

製品に込められた想い

mabuの「江戸」シリーズは、すべてRPET(アールペット=リサイクルポリエステル)生地からつくられています。
資源回収されたペットボトルプラスチックを廃棄せずに再資源化すると、「ごみの削減」「焼却するCO2の削減」「バージン生地の原料となる天然資源(石油)の節約」へと繋がります。

画像提供:株式会社SMV JAPAN


さらに、折りたたみ傘のパッケージにはSCS(米国SCS Global Services)の認証を取得したペットボトルのリサイクル材(配合率100%)を使用しています。
SCS認証とは、リサイクル素材が証明可能な資源由来であること、適切なトレーサビリティ手順が用意されていること、製造データが最終製品のリサイクル物質に関する正確な要件を提示していることを保証するプログラムです。

画像提供:株式会社SMV JAPAN


「江戸」シリーズにはこのような環境配慮がなされており、多骨タイプの傘は洗練された印象だけでなく、風に対する丈夫さも兼ね備えています。
また、デザインには江戸切子や江戸小紋をモチーフとした模様を採用しています。これらはすべて縁起の良い吉祥柄と呼ばれるもので、雨の日の憂いがなくなるよう外出時の安全への願いを込めています。

画像提供:株式会社SMV JAPAN

気候変動に対応するために

2024年も夏は猛暑の予報が出ており、この暑さが9月下旬まで続くことも考えられます。それに加え、夏だけではなく、どの季節でも紫外線は発生しており、近年では人体への悪影響から、日傘をオールシーズン使用している方も増えてきています。

そんな中、ここ数年で主流になりつつある「晴雨兼用傘」はご存じでしょうか?
その名の通り、どんな天候でもご使用いただける傘です。1本バッグに忍ばせておけば急な雨にも対応でき、さらに日差しも凌ぐことができる便利なタイプです。

今年からの新商品として「江戸」シリーズにも晴雨兼用傘が仲間入りしました。RPET生地にPUコーティングを施すことで、以下の機能を備えています。
■ UV CUT率99.9%以上
■ 遮光率100%
 ※ JIS L 1055 A法(100,000lx)により、試料の表側が光源側になるように試験を実施した場合における生地の状態の測定値であり、傘本体の性能を示す値ではありません。
■ 遮熱効果
■ UPF50+

mabuは、『どんな空の日にもよろこびを。』をコンセプトに、日々変化していく気候の中でも快適に過ごしていただけるアイテムをご用意しています。

画像提供:株式会社SMV JAPAN

mabu の根幹と目指すもの

弊社は、ブランド立ち上げから15年が経過しましたが、これまでにビニール傘を扱ったことはありません。
冒頭でも少し触れておりますが、一般的なビニール傘は強風で骨が折れたり壊れやすく、それらはすべて短いスパンでゴミになってしまいます。
SDGsの観点から見てもそれは問題であり、それならば最初から強度のある丈夫な生地傘を長く使っていただきたいという想いがあります。

傘は気候や天気に密接する製品のため、より一層SDGsを意識した商品開発を進めていくことが重要だと思っています。
環境問題と向き合う、限りある資源を大切に使う、そしてそれを持続可能な形で循環させる。mabuは、ものづくりを通してサステナブルな社会の実現を目指していきます。

画像提供:株式会社SMV JAPAN

お問い合わせ

profile

本田 悠馬

<所属>株式会社SMV JAPAN 営業本部 mabu営業部

ブランドサイトも是非ご覧ください。
https://www.mabuworld.co.jp/