冷凍食品の発展とプラスチックの関係

プラスチックの食文化への貢献例として「冷凍食品」が挙げられます。
食品の冷凍は水産業から始まったと言われています。獲った魚を傷めないよう大量に長距離運ぶために、先ず初めに冷凍運送が活用されました。
冷凍食品が注目されるようになったのは、1964年に開催された東京オリンピックの頃からで、世界各国から集まるアスリートや関係者たちに、それぞれの国・地域の食習慣や宗教などを背景とした食文化に対応しつつ、多彩なメニューを効率的かつ大量に提供するために、多くの冷凍食品が開発されました。この頃はまだ「食材」の冷凍が主流でしたが、オリンピックを機に、所謂「業務用冷凍食品」としてホテルやレストランに急速に普及していきました。

1980年代に入り「調理済み」冷凍食品の流通し、家庭でも利用され始めました。その背景には電子レンジの普及がありますが、この頃の冷凍食品はメニューも限られ、食感や味もそれなりで、レンジに入れる際も皿に移しラップをかけたり、揚げ物は油で揚げるなど、手間も時間もかかっていました。
その後、冷凍食品は徐々に多様化し、特に1990年代の後半あたりからメニューのバリエーションが増えると同時に、レンジ調理も簡素化されるなど急激な進化を遂げました。
現在では、レンジに入れるだけのパラパラチャーハン、つるつるシコシコのうどん、焼き目のついた焼き魚・グラタンや、水も油も使わずフライパンで火にかけるだけ出来る羽根つき餃子など、味にも食感にも満足できる本格的な冷凍食品が数多く登場しています。また、進化したのは味や食感だけではなく、開封後はトレイのままレンジに入れ、トレイが器にもなってそのまま食べられるなど利便性も向上しました。

このように冷凍食品の普及を加速させた背景には、調理技術冷凍技術、運搬や保管などの物流の発展があり、それに加えて、トレイや蓋材などのプラスチック包装の進化も一役買っているのです。

食品の美味しさ・安全を支える包材技術

冷凍やチルド、レトルトなどの加工食品、野菜や果物などの生鮮食品の美味しさと安全は、実はさまざまな包装資材(包材)と加工技術に支えられています。技術と工夫が凝らされたプラスチック包装の持つ機能を、簡単にではありますが、いくつか紹介させていただきます。

耐寒・耐熱性
冷凍食品をおいしくした要因のひとつに、食品素材の細胞膜を破壊することなく冷凍する急速冷凍技術があります。その技術を存分に発揮するためには、-30℃~100℃を超える範囲まで、急激な温度変化に耐えるトレイなどの包材が必要です。
油や沸点の高い成分が含まれる調味料は、レンジ加熱によりトレイの耐熱温度を超え、トレイを溶かすリスクがあります。使用する調味料の種類や量を制限するという回避策もありますが、トレイそのものの耐熱性を上げる素材やフィルム構成があります。

密封性(ガスバリア)性
食品の腐敗や品質劣化の一番の要因は酸化です。食品を密封することで酸素を遮断する包装技術と材料技術の確立は、冷凍食品に限らず、チルド食品、フリーズドライ食品、レトルト食品、菓子などの品質維持や賞味期限の延長、さらにはフードロスの削減にも大きく貢献します。
酸素吸収材を併用したり、不活性ガスを密封することもあります。さらにバリアにとどまらず包装内の酸素を吸着する添加剤をフイルムに練りこんだ「アクティブバリア包材」もあります。

難溶出性
冷凍食品などをレンジで加熱した際、トレイのプラスチック成分の一部が食品へ溶出したり、逆に食品成分がトレイに染み込んだりすると、食品の味や色を変化させるだけではなく、食の安全にも問題が生じます。これらの問題を解決するため、どのような状況下でも成分の溶出・染み込みを抑制する包材技術があります。

鮮度保持性
青果物の収穫時のおいしさや栄養をそのまま家庭に届けるため、ガス・水蒸気の透過度をコントロールする機能です。

易開封性
しっかりシールされた蓋を簡単に剥がせる(イージーピール)機能や、開封部の直進カット性に優れた包材技術もあり、包材・容器の利便性に寄与します。

保香性
食品の風味や香りを長期間維持する機能です。

防曇性
中身の水分の揮発による透明なパッケージや蓋材の曇りを防止し、食品の視認性・見栄えを良くする機能です。

易廃棄性
トレイやパッケージを廃棄する際、トレイに残った中身を簡単に洗い流せるようにする機能で、難溶出性の技術とも関連します。 また、手で簡単に潰してゴミを減容量化する技術、ゴミ焼却時の発熱熱量を抑える技術なども含みます。

離型性
流動性のあるレトルト食品やチルド食品、冷凍食品をパッケージから中身を無駄なくきれいに取り出す機能です。

プラスチックだからできる食品包装

食品包装」と一口に言っても、包装されるのは生鮮食品から加工食品まで、「性質」の異なるさまざまな食品が中身となります。中身の性質をどのように保つかによって、用いられる包装資材や包装形態、包装技法なども異なり多種多様です。
「プラ基礎」 のコラムでもお伝えしたように、プラスチックは「熱可塑」(加熱すると柔らかくなり、冷やすと固まる)や水・油に強いといった基本性質と、素材(プラスチックの種類)によって異なるメリットをもちます。プラスチックは上段の包材技術と素材の組み合わせにより、食品包装の多種多様な要求の拡がりに応え、大げさではなく豊かな食文化に不可欠なものとなっています。




プラと衣食住① プラスチックが作る食文化
プラと衣食住② 私たちが「着る」プラスチックの今後
プラと衣食住③ 快適な住環境を支えるプラスチック