公開日:2023/06/28

最終更新日:2023/08/04

アジア最大級の包装展示会「Propak Asia」

以前のコラムにてドイツ/デュッセルドルフで6年ぶりに開催されたInterpackの記事を書かせて頂きましたが、今回は6月14日から17日にかけてタイにて開催されたアジア最大規模の包装関連の展示会であるPropak Asia(プロパック・アジア)にて出展されていた企業のご紹介と、NAGASE Groupの出展内容につき、取り上げさせて頂きます。

Propak Asia概要

Propak Asiaは、毎年 6 月にタイ・バンコクで開催される、包装に関するアジア最大級の展示会です。過去29 回の開催実績があり、国際展示会として 3 年振りの開催となった前回開催のPropak Asiaは780社が出展し、来場者数は約37,000人でした。今回は30回目の開催となり、38ヵ国、1,232社もの企業が出展しました。

Propak Asia出展企業のご紹介

Propak Asiaにて出展されていた企業を一部紹介したいと思います。

①A.J. Plast Public Company Limited
A.J. Plast Public Company Limitedは1987年に創業されたタイのフィルムメーカーで、OPP、CPP、PET、NYフィルムの製造と蒸着ラインも有しており、パッケージに使用される素材を広範囲にわたりカバーしています。
年間の製造キャパシティはOPPが182,000t/5ライン、PETが62,000t/2ライン、NYが30,000t/3ライン、CPPが16,000t/1ラインとなっており、蒸着加工は23,500t/5ラインのキャパシティを有しています。またA.J. PlastはSCG Chemicalと合弁でベトナムに新工場の立ち上げを進めており、2023年中にはベトナムでOPPフィルムの生産ラインが稼働する予定です。A.J. Plastの売上規模は2022年度で360億円となっており、その内、海外向けが約55%の売上比率となっています。
A.J. Plastは環境配慮型製品群も有しており、今回のPropak Asiaでは「Earth Care Solutions」として様々な商品の紹介がされておりました。「RENEW」としてバイオマス原料を使用したNYフィルム、OPPフィルム、「RECYCLED」としてPCR材、PIR材を使用したフィルム、「RESERVED」としてKRYSTAL-XというAlox蒸着フィルム、「RECYCLABLE」としてALL PPのモノマテリアルパッケージなどの紹介がありました。


②GRAND EFFORT DEVELOPMENT PTE. LTD. (CAI HUA PAK)
GRAND EFFORT DEVELOPMENT というシンガポールの会社が出展しており、こちらではJiangsu Caihua Packaging Groupという中国のフィルムメーカーの製品紹介がされていました。Jiangsu Caihua Packaging Groupは昆山に本社を構え、複数の製造メーカーをグループで有しています。グループ全体ではOPPフィルムで3ライン(Bruckner)、ALOX蒸着で3ライン(BOBST2ライン)、その他、PETフィルムとコーティングラインが各1ラインとなっています。


Propakの展示会においては、ハイバリアのVM-OPPと透明蒸着OPPフィルムの紹介があり、また耐熱OPPやBOPEも開発中のようでした。物性詳細は下図をご確認下さい。


NAGASE Group展示内容

今回、出光ユニテック様のタイ拠点である「Plaloc Asia(Thailand)」様のブースに、NAGASE Groupの取扱商品を展示しておりました。自社開発商品としては環境ソリューション開発センターで開発された製品として、プラスチック減を実現した①無機フィラー、卵殻を中間層に入れたPPトレイ、②耐熱PLAトレイの2種類を展示しました。過去にも記事にて紹介していますので、詳しくはこちらもご覧ください。


また㈱パールパッケージ企画様の商品として「スーパーフレッシュ」という鮮度保持袋の展示もしておりました。スーパーフレッシュはNAGASE Groupである林原の機能性糖質材料の「トレハロース」をコーティングした鮮度保持袋です。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

NAGASE Groupでは日本国内のみでなく、ASEANを中心とした海外でもパッケージ事業を展開しておりますので、取扱商品にご興味のある方は是非お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ

profile

plaplat編集部

化学品専門商社:長瀬産業グループのメンバーを中心に構成。
専門領域であるプラスチックを基軸に、サステナビリティを実現するためのソリューションと、業界を横断した情報を展開する。