公開日:2023/06/15

最終更新日:2023/08/04

BCG経済モデルを推進するタイ
Thantawan Industryのサステナブルパッケージ

タイは中所得国の罠からの脱却と、持続可能な社会の実現を目指し、2021年1月19日に内閣が「BCG経済モデル」を国家アジェンダとして宣言しました。「BCG経済モデル」は、バイオ経済(Bio)、循環型経済(Circular)、グリーン経済(Green)という3つの側面を同時に発展させ、バランスのとれた国家発展を目指すものです。タイは、同年11月に開催されたCOP26で、2065~2070年までにカーボンニュートラルの実現を目指すとも表明しており、より一層、環境を重視する姿勢を鮮明化させています。
今回は、このタイが推進するBCG経済モデルと、そのタイにおいて環境配慮材素材を使用した製品展開を行う企業のThantawan Industryについて取り上げたいと思います。

BCG経済モデルについて

2015年にタイは「タイランド4.0」という長期的に目指すべき経済社会のビジョンを打ち出しました。このビジョンにおいて重要な点として「中所得国の罠」からの脱却があり、2036年までの高所得国入りを目標としています。「BCG経済モデル」はこの「タイランド4.0」を支える政策となっており、「BCG経済モデル」での重点分野である①農業・食品、②バイオ(バイオエネルギー、バイオマテリアル、バイオ科学)、③医療・ウェルネス、④観光・クリエイティブの4分野は「タイランド4.0」で掲げる12の重点産業(Sカーブ産業)と重なっています。
またB:バイオ、C:循環型、G:グリーンも分野としては広範囲の為、それぞれが密接に関わっており、例えばバイオマスプラスチックやグリーンツーリズムなどは全ての分野に関わっています。

この中でバイオに関して、タイはキャッサバやサトウキビなどのバイオエタノールの主原料となる農作物の生産大国であり、バイオ関連製品の生産拠点となることを目指しています。バイオ分野に関する注目を集める取り組み事例として、植物工場の運営、バイオマスプラスチックの生産、植物性タンパク質由来の代替肉や繊維素材の開発、昆虫由来のタンパク質を用いたペットフードの生産などがあり、特にバイオマスプラスチックに関しては、既に大手化学メーカーがタイでPLAやバイオPBSの製造を行っています。
またタイは2027年までに国内で発生するプラスチックの再利用率を100%に高めるといった目標の実現に向け動いており、既に2020年1月から大手スーパーマーケットやコンビニでのレジ袋の無料配布を禁止するなどの取り組みが開始されています。タイのデパートなどでは廃プラスチックを高付加価値品にしたアップサイクル商品なども人気で、消費者のサステナブル材へのニーズも高まっています。

Thantawan Industry概要

サステナブルな社会を国家戦略として目指すタイの中で、環境配慮素材を使用した製品展開をするタイ企業のThantawan Industryを今回は取り上げたいと思います。Thantawan Industryはタイのナコーンパトム県に本社工場を構える、1978年にタイで創業されたフィルムメーカーで、主にポリエチレン袋、ジッパーバッグなどの包装資材を製造しており、売上規模は2022年度で約160億円となっております。一般のポリエチレン袋以外の製品展開としては、後述するバイオマス素材や生分解素材の袋の他、紙ストローやバイオマス素材のストロー、ジッパーテープ、鮮度保持袋や抗菌袋なども製造しています。
Thantawan Industry製品群(外部リンク)

Thantawanが展開するサステナブル製品

Thantawan IndustryはSUNBIOというラインナップで生分解性袋の製品展開しており、素材としてはスターチとPLAの2種類を使用しております。冒頭に申し上げた「BCG経済モデル」においても注力分野となっているバイオ素材ですが、Thantawan Industryで使用している、スターチ、PLAも共にタイ国で生産されている原料を使用しています。

画像提供:Thantawan Industry


またSUNBIOは様々な認証を取得しており、Din Certcoや、BPI、TUVの生分解の各種認証も受けております。

画像提供:Thantawan Industry


Thantawan Industryは自社ブランド製品のみにとどまらず、OEMでの受託生産も行っております。実績としては海外の大手家具メーカーともOEMを手掛けておりますが、日本向けのOEMの実績もありますので、一般家庭向け消費財としてのOEMのご要望や、工場などで使用される副資材の環境対応化なども承りますので、ご興味のある方は是非、お問合せ下さい。

お問い合わせ

profile

plaplat編集部

化学品専門商社:長瀬産業グループのメンバーを中心に構成。
専門領域であるプラスチックを基軸に、サステナビリティを実現するためのソリューションと、業界を横断した情報を展開する。