公開日:2024/04/26

最終更新日:2024/04/24

脱炭素実現に向けた必須アイテム、蓄電池とは?

蓄電池は、近年、産業界において需要が増加しており、現代のエネルギー変換と貯蔵技術の重要なアイテムの一つです。エネルギーの需要と供給の調整や、再生可能エネルギーの効率的な利用、BCP対応など様々な分野で利用され、効率性や環境への貢献を実現しています。
今回は、蓄電池の基本的な機能とメリット・必要性についてご紹介します。

経済産業省.「参考資料(蓄電池)」,出典_2024.4.24 https://www.meti.go.jp/press/2023/12/20231222005/20231222005-06.pdf



蓄電池の機能

蓄電池は電力供給と需要のバランスを調整し、需要のピーク時には蓄えたエネルギーを供給することが可能です。また、停電時や非常事態においてバックアップ電源としても機能するため、重要な施設や設備の安全性や継続性を維持することもできます。
蓄電池は、これらのエネルギーを貯蔵し、需要があるときに使用することで、再生可能エネルギーの効率的な利用を可能にします。

産業用蓄電池のメリット

電力の安定供給
産業用蓄電池は不安定な電力供給を補完する役割を果たし、生産ラインの停止や品質の低下などの事態を防ぎます。これにより、生産性や効率性の向上が期待できます。

非常事態への対応
災害や停電などの非常事態においても、産業用蓄電池はバックアップ電源として機能します。連続した電力供給を確保することで、被害の最小化や業務継続性の確保が可能です。

持続可能なエネルギー利用
再生可能エネルギーとの組み合わせにより、産業用蓄電池は持続可能なエネルギー利用を促進します。エネルギーの再利用や貯蔵により、電力の無駄を減らし、低炭素社会の実現に寄与します。

蓄電池の必要性

産業用蓄電池は、以下の理由によって必要性が高まっています。

① 効率性の向上
製造工程や物流業務において、電力の需要と供給の調整が必要です。蓄電池は、需要のピーク時にエネルギーを供給することで電力の安定供給を実現し、生産性の向上に寄与します。

② 電力コスト削減
産業用蓄電池は電力の需給バランスを調整し、需要ピーク時の電力料金の上昇を抑制する効果があります。また、再生可能エネルギーを活用することで、電力コストを削減することも可能です。

③ 環境への貢献
産業用蓄電池は、化石燃料に依存しないエネルギー貯蔵システムです。再生可能エネルギーと組み合わせて使用することで、環境負荷を低減し、持続可能な発展に寄与します。

経済産業省.「参考資料(蓄電池)」,出典_2024.4.24 https://www.meti.go.jp/press/2023/12/20231222005/20231222005-06.pdf

まとめ

蓄電池は現代のエネルギー変換と貯蔵技術の役割を果たし、持続可能なエネルギー供給のための重要な要素となっています。再生可能エネルギーの普及、電力グリッドの安定性、そして将来のエネルギーへの貯蔵の観点からも、蓄電池の役割はますます重要性を増しています。
また、産業用蓄電池は、効率性の向上や環境への貢献など多くの利点を持つ重要な技術です。電力供給の安定性や非常事態への対応能力を高めることで、生産性や業務継続性を向上させることができます。さらに、再生可能エネルギーとの組み合わせにより、持続可能なエネルギー利用を促進し、低炭素社会への移行を支援します。
蓄電池の必要性と利点を最大限に活かすことで、持続的な経済成長と環境保護を両立させることが可能です。

お問い合わせ

profile

石井 祐輔

<所属>ヤンマーエネルギーシステム株式会社
    カーボンニュートラル推進部

    https://www.yanmar.com/jp/energy/

<専門分野>脱炭素ソリューション

<紹介文>脱炭素実現のために省エネ・再エネのご提案をいたします。